株式会社九内

INTERVIEW
導入事例
写真

Vol.06

株式会社九内

建築

代表取締役社長 九内 庸志氏

事業の内容:塗装工事・とび・土工コンクリート工事・防水工事
設立:昭和7年
従業員規模:50人未満

幹部のコミュニケーションが不十分、それぞれが別の方向へ。

➖御社の創業と事業内容を教えてください。

昭和7年に創業し、今年で86年になります。公共工事から民間工事まで、いろんな分野で、高い技術が必要とされる公共工事から、民間の塗装工事・安全設備工事・法面工事・駐車場ライン引き工事などを中心とした建築業になります。

➖すごい会議を導入する前の御社の状況を教えてください。

経営幹部のコミュニケーションが不十分だったり、それぞれの考えが別の方向を向いているような状態でした。ですので、全員のベクトルを統一したいと考えていました。それぞれの考えはあるのですが、それらがうまく噛み合っていなかったり、何か活かしきれていないと感じていました。

メンバーが自ら考え、メンバー中心で責任を持って主体的に進めていくように

➖どんな点にメリットを感じていますか?

まずは、ポストイットに毎回書くことですかね。人って色んなことを考えるものだと思うんですけど、その様々な思考をすぐにまとめて書き出して発表すること、そんな特殊な訓練ができるようになったことですね。この訓練で、いろんな意見やアイデアを選りすぐっていく能力が鍛えられたのは今後の会社の成長につながりそうです。考えたことを簡潔にまとめて、人に伝えるという能力は簡単のようでなかなかできていなかったので、経営メンバーがこのレベルで会話できるようになったことは非常に大きいな、と今は感じます。

あとは、それぞれの役割が明確になり、責任感が生まれてきたことですね。具体的に言うと、今までは採用とか育成とかが全然機能してなかったんですけど、我々がどんな会社なのか?何をどう伝えればいいのか?を細かく調べるようになり、また入る側もどんな情報を知りたがっていてどんな情報に惹かれるのかというのをとにかく調べるようになりました。これらをメンバーが自ら考え、メンバー中心で責任を持って主体的に進めていくようになったというのが大きなメリットですね。

また、導入のきっかけになったメンバー間のコミュニケーションは格段に良くなり、それぞれの思いが同じ方向に進みはじめるようになり、チームワークや連帯感が生まれました。

大きな目標に全員が動き始める

➖この一年間で得られた成果はどんなものがありますか?

新規開拓の今までやってなかった領域を実施するようになったところや、採用や育成が組織として機能し始めたことです。

進み出したきっかけとしては、戦略的フォーカスという大きな目標をメンバーが自分達で立てたことが大きいですね。大きな目標を掲げたことで、誰が何をするのか、した方がいいのかが明確になったことで、全員が動き始めたように感じました。

実際この戦略的フォーカスはかなり高すぎるようには感じたのですが、全員で決めたので、みんなある意味逃げられないというか(笑)、逆に、全員で達成するぞっていうまとまりが創られました。以前は目標が与えられたものという感覚だったので、あまり全員の達成意識はなかったのですが、全員で作ったという点がかなり効果的だったなと感じます。ある程度手応えは感じていますので、2年目もこのすごい会議を続けて、よりメンバーの連携を深めていきたいと感じています。

➖経営幹部にはどのような変化が見られましたか?

中途採用で能力は高いのですが、まだ会社に馴染んでなかったメンバーが、会社の現状や課題、進むべき方向等をどんどん吸収していったというのが特に成長につながったのかなと考えています。今後は、今やってる幹部メンバーだけでなく、中堅どころや若手の社員にもこの考え方を導入したいなと考えています。そうすることで、目標に対する共通認識や、役割分担の考えた方などを全員が持ってくれた状態になっていってほしいです。

➖これからの会社の目標や実現したい夢はどんなものがありますか?

国内グループ全体として、もっと協力して色んな地域に浸透していきたいです。そうしてあと14年後の100年企業になったときにはもっと地域に寄り添った会社でありたいと思います。

➖新井コーチの印象をお聞かせください。

非常に前向きなところと、常にパワーやエネルギーをもらえるところです。具体的に言うと、会議でマイナスな意見が出てきたときに、それを許さない雰囲気、前向きにならざるを得ない空気をもらえたことですね。結果として、チーム全体がポジティブにムードが作られやすいです。

➖すごい会議や新井コーチはどんな企業におすすめですか?

今後とも永続的に発展していきたい企業とか、組織を強化したいとか、役割を決めていきたい、とかそう思っている企業におすすめです。